2019.09.14 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2019.09.14 Saturday

    Martyを探しに巴里へ part検,修裡

    0

      体温計

       

      (久しぶりのブログでやり方をすこし忘れかけている)

      (おまけに午前中アップしたとき何が原因かはわからないがアップできなかった・・・・・・)

       

      気をとりなおして――

       

       

       

      巴里に着いて二日目に家人が体調を崩した。

      翌日はずっと部屋のなかである。

      お粥なら食べられるかもしれないというので義妹に電話をしてスーパーでどんなお米が売っているのかを訊く。

      急いでスーパーに行きタイの米を買う。

      また体温計が欲しいというのでや薬局に買いに行く。

      「体温計が欲しい」と言うといくつかの体温計を出して説明をしてくれたが、まさかこんな展開になるとはおもってもみなかったのでアタマのなかは軽いパニック状態。

      どれもおなじだろうと勝手に判断し、「これ、ください」

       

      アパルトマンに帰って家人の熱を計ると妙に低い。

      ???とおもいもう一度計ってみるがやはり低い。

      ぼくも計ってみたが低い。

       

      ということの原因(?)が帰ってきてから分かった。

      もしかしたら因果関係はないのかもしれないが、そうおもっている。

       

      日本ではたいてい脇の下にはさんで体温を計るがフランスではちがう。

       

      どこで計るかというと、

       

       

       

               お尻

       

       

       

      であるとのこと。

       

      そのほうが正確に計ることができるのである。

       

      帰国後、なるほどどれどれと計ることはまだしていないが、そのうちそのうち、である。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2019.04.16 Tuesday

      ノートルダム大聖堂

      0

        今朝は5時20分には起きていた。

        頭もスッキリしていた。

        インスタグラムを見ると火事の映像。

        「ふ〜ん」とおもって見てみると・・・・・・

         

         

         

        2012年、はじめて巴里に行った。

        古書店めぐりが主な目的だったので観光はほとんどしていないが、最終日午前中のあまった時間を利用して観光らしきことをしてみた。

         

        良くも悪くもノートルダム大聖堂には圧倒された。

        その大聖堂が燃え落ちるとはそのとき想像すらしなかったが、形あるものはいつか必ずそうなるということだろう。

         

        ノートルダム大聖堂ノートルダム大聖堂ノートルダム大聖堂ノートルダム大聖堂ノートルダム大聖堂ノートルダム大聖堂ノートルダム大聖堂ノートルダム大聖堂
        ノートルダム大聖堂

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        2019.03.05 Tuesday

        Martyを探しに巴里へ part検,修裡

        0

          今回はKhnopffがメインであってMartyはメインではない、はずだった。

          ま、とにかくメインのKhnopffをアップ。

           

          グラン と プチ パレ

           

          黄色のベストのストで最寄り駅では乗り降りできなかったのでひとつ前の駅から歩くことに。

          それでも10分くらいなのでまったく気にならない。

          上の画像の右がプチパレでそこで今回の展覧会が催されている。

          左はグランパレ。

           

          クノップフクノップフクノップフクノップフクノップフクノップフ

           

          数点撮影禁止の作品があっただけであとは撮影自由。

           

          Khnopffの作品をはじめて見たのは30数年前、『死都ブルージュ』にモノクロで数点作品が掲載されていた。

          今回の展覧会は全作品が見られるわけではないが、それでもまとまって見るのははじめてなのでありがたい。

          みじかい巴里滞在中、2回見に行った。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          2019.02.21 Thursday

          Martyを探しに巴里へ part検,修1

          0

            2月15日〜20日までKhnopff展を見に巴里まで。

            本日帰宅。

             

            巴里到着

             

            巴里は暖かく暖かく・・・・・・きょうの日本の寒さと比べると雲泥の差があります。

             

            おいおいアップしていきます。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            2019.01.27 Sunday

            視点

            0

              ルールを知らないのでテニスの試合はほとんど見たことがない。

              漫画で『エースをねらえ!』を読んだくらいである。

              それはいいとして昨日は大坂なおみの試合を見てしまった。

               

              それはいいとしてひとつ気になることがある。

               

              大坂なおみは日本人なのだろうか。

               

              というより「日本」とか「日本人」という視点でものを見ることからそろそろ離れてもいいのではないだろうか。

               

              国籍ではなく個人に焦点をあてることこそが大切なことではないだろうか。

               

              ま、プロ、アマ、一般の人を問わずそんなことをおもっているひとは少数だろうけど・・・・・・

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              2019.01.26 Saturday

              初校でのこと

              0

                著者に送った初校が校正されてきのう戻ってきた。

                それを見ると先日電話で相談された変更と大きくちがっている。

                困ったなとおもいメールで、

                「先日伺ったことと修正内容がちがいますが」という旨のメールを送ったところ、先ほど電話があり話をすると、

                 

                な〜るほど!

                言葉の、というか認識のちがい、掛けちがい、だということがわかった。

                 

                どんなことかというと――――

                 

                  B章の右側を白にする

                 

                著者は文字通りの右側、つまりA章の終わりのことを言っていたのだが、こちらはB章に入ってからの右側、つまりB章の裏のページと認識していたのである。

                 

                ちょっとしたちがいで大きくちがってしまうことも。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                2019.01.01 Tuesday

                2019 謹賀新年

                0

                  2019年賀状

                   

                  明けましておめでとうございます

                   

                   

                   

                  昨年末から

                  天気予報では寒波が来ると言っていましたが

                  こちらではそれほどではなく

                  昼間は

                  とても過ごしやすいごくふつうの冬

                  という印象でした

                   

                  さて

                  今年はどんな一年になるのでしょうか

                  どんな一年に

                  していったらいいのでしょうか

                  いまのところ

                  なにも

                  考えていません

                  真っ白です

                  そんな状態ですが

                   

                   

                   

                  本年もよろしくお願いいたします

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  2018.12.31 Monday

                  大晦日

                  0

                    さ、今年を振り返ってみよう。

                     

                    プラスのこともあったがのマイナスのこともあった。

                    マイナスの事例は……ハハハ、と笑うほどの余裕はまだない。

                    4件ほどある。

                    内2件はしょうがないかなともおもえるが、あと2件は怒りというよりは……

                    さらにその内の一件、そのひとはおそらく過去に発した自分の言葉を憶えていないのだろう。

                    そこを責めようかと一瞬おもったが、もうどうでもいい、という気持ちにこちらがなった。

                     

                    と、いまだに尾を曳いている(笑)。

                     

                    いや普段おもい出すことはほとんどないが、意識的に振り返ったせいである。

                     

                    あと13時間ほどで年が明ける。

                     

                    いつもならこれから例年の夕食の食材の買い出しに行き、豪華な(!)手巻き寿司の準備をするところである。

                    が、どうも家人が風邪をひいたようで今年はそれも無理そうである。

                    ま、こんな年もある。

                     

                     

                     

                    それではみなさん、良いお年を!

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    2018.12.30 Sunday

                    『後の淵』(志村喜代子 著)

                    0

                      『後の淵』(志村喜代子著)。

                      タイトルの読みは「のちのふち」。

                       

                      志村さんの詩集は出版社に勤めているときに第一詩集の編集とデザインをした。

                      これは第三詩集。

                      巻きカバー仕立て。

                      かならず表紙に目が行く、かならず手が表紙に触れるという表紙重視の本づくりである。

                       


                      『後の淵』『後の淵』『後の淵』『後の淵』『後の淵』

                       

                      志村さんの書かれる詩は、畏い(こわい)。

                      畏い(こわい)というのはどこかにユーモアのセンスが入っているからだと僕はおもっている。

                      独特の味がある詩集だとおもう。

                      栞は三浦雅士氏。

                      電話で打ち合わせをしたが僕が20代のときに講演で聞いた声の印象と変わらないのがうれしかった。

                       

                      次はこの詩集の特装本である。

                       

                      特装本特装本特装本特装本

                       

                      材料が革か布のちがいがあるだけでつくり方は革装のときとほとんどおなじである。

                      よろこんでいただけたようでよかった。

                       

                      ちなみに次の画像は志村さんの第一詩集。

                      カバーの図柄は箔押し。

                      この図柄はその当時、手書きで作成した。

                       

                      詩集

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      2018.12.30 Sunday

                      「repure」27号

                      0

                        またフランスに行っているのではないかといった声がささやかに聞こえている今日このごろ、久しぶりのアップである。

                        「repure」も続いている。

                         

                        repurerepure

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                         

                        Calendar
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        << February 2020 >>
                        PR
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recent Comment
                        Recent Trackback
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM