2017.12.10 Sunday

Sくんと

0

    昨日、今日とSくんと都内をぶらぶら。

     

     

    昨日は品川で待ち合わせ平和島でおこなわれている骨董市へ。

    そのまえに新馬場で下車し品川神社に行く。

    熱心に参拝しているSくんの後ろ姿。

     

    品川神社

     

    表示を見ると裏には板垣退助の墓があるとのこと。

    興味本位で行ってみる。

    ふ〜ん、である。

     

    墓

     

    品川神社を出ると沢庵和尚の墓もこの近くにあるとのこと。

    行ってみる。

     

    墓

     

    賀茂真淵の墓。

     

    墓

     

    墓地はあまり整理されておらず、しかもちょっと暗い印象があったのだが、見るとこんな墓もあった。

     

    墓

    墓

     

    墓のうしろにはこんなものも植えられていた。

     

    墓

     

    と時間を潰して骨董市へ。

    Sくんはいつものように根付を購入。

    そしてそれだけでなくこんなものも購入していた。

     

    将棋

     

    材質は御蔵島の黄楊、フグ模様と文字が盛り上げ漆の駒。

    この駒にはピンとくるものがあったようである。

    ひとが楽しそうに買い物をしているのを見るのはとても楽しい。

     

    このあと銀座で串と釜飯を食べ、ライブハウスへ。

     

     

     

    ふつかめの今日は、なんと皇居へ。

    なかに入ることができるのは今日まで。

    バッグなどの中身の点検とボディチェックである。

    ボディチェックは入るまでに二回行われるが、なぜか僕は一回で済んでしまった。

    皇居内の様子だが、カメラを持ってくるのを忘れてしまったのでなにもない。

    (Sくんが画像を送ってくれた。感謝!)

    皇居のというか、江戸城の石垣、あれはよかった。

     

    皇居皇居皇居皇居皇居

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2017.12.02 Saturday

    忘年会

    0

      今日は会社勤めのときの仲間5人との忘年会。

      そのうち一人はまったく飲まない。

      4人でまずはじめはスパークリングワインで乾杯。

      つづいて一升瓶のワイン、そしてハーフボトルのワイン。

      個人的には結構飲んだ。

      二次会はパスしたが飲める3人はまだまだ足りない様子。

       

      帰宅して湯舟に浸かっていたらなんだか揺れたような。

      家人が「起きてる?」と声をかけてきた。

      「いま地震があったよ」

      酔いのせいではなかった。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2017.09.21 Thursday

      ワイン

      0

        飲み過ぎた\(^o^)/

        Fさん、お元気で!

        年に一回は会いたいですね。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        2017.06.03 Saturday

        池袋へ

        0

          きょうは久しぶりに中田さん、中山さんとわれわれ夫婦の四人で食事。

          池袋の中華永利。

          安くてうまい!

           

          しかし滅多にないことなのだが昨夜何度か起き寝不足の状態。

          食事のあと喫茶店に入ったころは睡魔とのたたかい\(^o^)/

           

          ということでお休みなさい。

           

           

           

           

           

           

           

           

          2017.05.24 Wednesday

          K沼氏登場

          0

            午前中、不良中年のK沼氏から電話がある。

             

            「きょうの午後1時半に行きます」

             

            バイクの音がしたので時計を見るとピッタリ1時半!

            妙に感動!

             

            駅前の喫茶店コ〇ダに行く。

            コ〇ダで約4時間、いろいろと話をする。

            なかでもおもしろかったのは、

             

            「数学と詩の根っこは同じ」

             

            ということ。

             

            最近あまり考えるということをしていない僕にとってとても有意義な時間であった。

            あ、それと手土産の珈琲、ごちそうさまでした。

            ロースト感がとても気に入りました。

             

            \(^o^)/\(^o^)/

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            2017.01.15 Sunday

            Sくんと

            0

              今日明日と高校時代の友人Sくんが上京してきている。

              朝、新橋で待ち合わせたのだが、心配していた天気もこの辺りでは特になんの問題もなかった。

               

              まずは骨董市に行く。

              例年に比べると若干出店数が少なかったように感じる。

               

              続いて銀座に行き、「蔵書票が出ている十誡という喫茶店、知ってる?」とSくんが訊いてきた。

              「知らないけど、喫茶店の名前から想像してもしかしたら林さんという人?」と訊くと「分からない」との返事。

              じゃあ行ってみようということで行く。

              行ってみたらおもったとおり林由紀子さんの蔵書票展であった。

               

              夕食は鳥ぎんに行って串焼きと釜飯。

              外国人のウエイターが楽しそうによく働いている。

              見ていて気持ちよかった。

              味も満足。

               

              続いてライブハウスへ。

              ここに来るのは二回目。

              演奏がはじまるとすぐに客の八割が踊り出す。

              若かったころからがんばっていたんだろうなとおもう。

              ダンスのできない僕は当然見ているだけ。

              みんな楽しそうに踊っている。

              まったくの知らない他人でその人の送ってきた人生も想像のしようがないのだが、踊っている姿を見ているとそれでいいんだと妙に胸を打ってくるものを感じた。

               

              さ、明日は門前仲町で待ち合わせ。

              天気はどうなるんだろう。

               

               

               

               

               

               

               

               

              2016.01.10 Sunday

              墓参り

              0
                墓参りをしようと朝10時にS君と鶯谷駅の改札で待ち合わせ。
                二人とも高校時代一所懸命読んだ「週刊プレイボーイ」の人生相談のページの人である。

                今東光の墓

                これで分かった人はスゴイ!
                誰かが墓参りをしたようである。
                花が供えてあった。

                今東光の墓

                盟友の柴錬(柴田錬三郎)の銘が彫ってあるとは知らなかった。

                今東光の墓
                今東光の墓

                そう、今東光和尚の墓である。
                笑いながら、頷きながら読んだ「極道辻説法」。
                ずいぶん救われた覚えがある。

                このあと東京国立博物館へ。
                展示物を見ながら、今年はこんな調子で行けたらな〜、とおもった。

                博物館

                こんなのや

                博物館

                こんなの。

                このあと谷根千を歩き神田明神へ。

                それにしても昨日も今日もよく歩いた一日だった。
                S君、それじゃまた!











                 
                2016.01.09 Saturday

                骨董市へ

                0
                  今日は高校時代のS君と会う。
                  東京駅で待ち合わせ、まずは築地へ。
                  築地へ行くのはふたりともはじめてである。

                  築地築地

                  寿司を食べて本日のメインである骨董市へ。
                  会場内を4時間彷徨う。

                  骨董市骨董市骨董市

                  いつ見ても人が並んでいるブースがあり、なんだろうとよく見るとTHE ALFEEの坂崎幸之助氏がブースのなかで何かをしている。

                  骨董市

                  別室には坂崎氏のコレクションであるウランガラスも展示されていた。

                  会場を出て銀座へ向かう。
                  S君が泊まるホテルのチェックインを済ませ、以前来たときには休みだったおでん屋へ。
                  ここで食事を済ませ、ライブハウスへ。

                  ライブ

                  ここまでに飲んだお酒は、寿司屋で日本酒、おでん屋でビールとハイボール、ライブ会場でジントニックとビール。
                  完全にキャパシティを超えた酒量である。
                  2ステージ目の途中で不覚にも眠ってしまった。

                  そのあと喫茶店で珈琲を飲み、じゃ明日また。

                  明日も都内に出かける。











                   
                  2015.08.04 Tuesday

                  お墓参り

                  0
                    篠原さん、小網さんと三人で、6月に亡くなられた佐藤正子さんのお墓参りに行ってきた。
                    大倉山駅に降りるのもほぼ25年ぶり。
                    おもえばいままで2回、人まえで朗読をしたことがあるが、その1回目がここ大倉山駅にある大倉山記念館である。
                    そのときの催しは佐藤さんがなされていて、招待されたのだった。
                    お墓はその記念館のすぐそばにある。

                    街が一望できるしずかでオシャレな場所である。

                    お墓を洗い、花を供え、三人それぞれ手を合わせる―――



                    どこからか花火の音が響いている。
                    花火を見ながら坂を下った。

                    夏、か。
                    夏、だ。









                     
                    2015.06.19 Friday

                    チェーン

                    0
                      亡くなった佐藤さんのことで今日はS村さんから電話があった。
                      何をどう話していいのかよく分からなかった。
                      S村さんも驚きと戸惑いの声だった。
                      そう言えばS村さんを僕に紹介してくれたのも佐藤さんだった、と今頃になって思い出した。


                      *****


                      個人的には霊感というものがないので、魂というものを感じたことはない。
                      肉体があるのだから魂というものがあっても一向にフシギはないのだが、肉体に寿命があるのだから魂にだって寿命があってもおかしくはない、とはおもう。
                      多くの場合は肉体が寿命をむかえたとき魂も寿命をむかえる、のではないだろうか。
                      個人的にはそう理解しているし、それでいいとおもっている。
                      生前のその人やその人のやった仕事を思い出すとき、チェーンのひとコマがつくられる。
                      それでいい、とおもう。






                       
                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      PR
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM