<< 12年ぶりの「左岸」 | main | 着々と >>
2007.12.09 Sunday

掌のうえの記憶

0
    戸田さんの個展に品川へ行く。
    「街の記憶」というタイトルのもと描かれた絵たちには戸田さんの好きなイギリスの匂いがした。
    そのためか今回は緑の色調の絵が多かったようにおもう。
    絵のなかにしずかな時間が流れていた。

    英国といえばウイリアム・モリス。
    戸田さんより彼の地のお土産をいただく。

    モリスの想い出

    ケルムスコットプレスで当時使用されていた手漉き紙に、当時使用されていた活字で2000年に印刷された一葉。
    ケルムスコットプレスで使用された活字にはゴールデン、トロイ、チョーサーの三つのタイプがあり、これはゴールデンタイプ。

    現在はデジタル化されてそのフォントが市販されているようだが、実際の活字で印圧をかけて刷られたものには力強さとともに記憶をくすぐる懐かしさがある。
    「街の記憶」の会場でいただいた手に触れることのできる記憶である。
    2017.06.26 Monday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ウィリアム・モリスの関するサイト
      ウィリアム・モリスの関するサイトを掲載しております。
      • ウィリアム・モリス情報ブログ
      • 2008/04/15 10:45 AM
      Calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      PR
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recent Trackback
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM