<< 旅の途中 | main | 原作を読んでみた >>
2008.04.14 Monday

トニー滝谷

0
    村上春樹はいつごろから読んでいないだろうか。
    と記憶をたどってみると四半世紀経っていた。
    僕には必要なかったから。

    それなのになんの偶然かいたずらか、村上春樹原作の『トニー滝谷』を観ることになった。

    全篇モノクロ映画、ではないのに、いまそれぞれの場面を思い出そうとするとすべてモノクロで僕の頭のなかでは再生される。
    どの場面にもかすかな風が吹いているような印象があり、科白もちょうどそんな風に聞こえた。
    映像もとても端正で美しい。

    聞くところによると映画には原作にない場面がひとつある。
    最後のまとめ方であるが、映像(映画)と文字(小説)の表わし方の違いとみることもでき、興味深い。

    久しぶりに読んでみようかとおもっている。
    2017.12.13 Wednesday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      PR
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recent Trackback
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM