<< 加山又造展 | main | 一歩、また一歩、ですよ >>
2009.02.01 Sunday

『伊莎貝拉(イザベラ)』

0
    「良質な香港映画を日本に」の草の根運動をしている中田さんに誘われて一昨日観た映画の紹介です。

              熱心なファンによる私的なチラシ

    「1999年、中国返還を目前にしたマカオで、警察の組織ぐるみの汚職を一身に押し付けられ停職中のセン。裁判に怯え自堕落に暮らす彼が一夜を共にした少女ヤンは、初恋の女性が彼と別れた後に産んだ娘だった」

    と、ある意味ショッキングな始まりではあるが、陰惨で暗い映画ではない。
    母親の死後、家賃滞納で部屋を追い出され、センのもとになかば転がり込んだかたちのヤン。
    二人の奇妙な(?)共同生活がはじまると、ポルトガルギターとファドの調べが二人の内面を甘く切なく写し取っていく。

    終わりにヤンの見せた涙はあたたかくやわらかい。

    監督:パン・ホーチョン
    キャスト:セン/チャップマン・トー  ヤン/イザベラ・リョン

    その他、カメオ出演のアンソニー・ウォンが麺を食べるシーンが個人的には特に気に入っている。
    ものすごく旨そうなのだ!
    2017.10.18 Wednesday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      PR
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recent Trackback
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM