<< 残暑 | main | 風邪、かも >>
2017.08.31 Thursday

句集『鳴き砂』 小野溪流

0

    小野溪流さんの句集『鳴き砂』の書影。

     

    書影

     

    角背布装スリーブ入り。

    時間がなく新しい紙を仕入れることができなかったので手持ちのなかからつくることになった。

    画像ではまったく分からないが8種類のスリーブである。

    洋紙あり和紙あり。

    そして同じく画像ではまったく分からないがスリーブにはから押しでタイトルと著者名が入っている。

     

    書影書影書影

     

    著者用の丸背。

     

    本当は昨日発送で今日著者の自宅に届く予定だったのだが、容態が急変したとの連絡があり、昨日あわてて転院された鶴見の病院まで何冊かを持ってお見舞いに行った。

    予想していたよりはお元気だったが、8月11日にお会いしたときに比べるとさすがに・・・・・・

     

    でもお顔を見ているととても穏やかでとてもやさしい方なのだとよく分かる。

    社会的にも成功された方なのだろうが上からの目線はまったくなく、こんな方にお会いできたことを感謝したいとおもう。

     

    内容は春夏秋冬の四章仕立て。

    それぞれの章から個人的に好きな句をあげるなら、

     

     

      春めくや花見小路に三味の音

      妻を待つ銀座三越パナマ帽

      夕空と夜空のあはひ曼殊沙華

      初雪や夜の国道一号線

     

     

    小野さん、ありがとうございました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2017.12.13 Wednesday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      この度はほんとうにありがとうございました。何から何まで北見さんにお世話になりました。ほんとうに素敵なご夫婦で、学ぶところも多かった様に思います。私もよいお仕事させていただいた感謝でいっぱいです。またよろしくお願いします。
      • 悠々
      • 2017.09.01 Friday 11:02
      悠々さんもお疲れさまでした。
      それにしても本当に本当に素敵なご夫婦ですよね!
      一生僕は忘れないだろうと思います。
      良い出会いでした。
      感謝です!
      • キタミ
      • 2017.09.01 Friday 11:45
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Calendar
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      PR
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recent Trackback
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM